NEWS

FRAME×TEAM

2012-11-19

先日、スタッフのあすか(アーティスト名:akka)の個展に行きました。@perhapsgallery http://perhapsgallery.net/

今回自分もモデルの一人に選んでもらい、いくつかの作品の中から気に入った一枚の自分の絵を自分でゲット(笑)

akkaの作品は個性的でどれも素敵だったのですが、同じくらいぐっときたのが、perhapsgalleryで扱っていた木製の額。

集成材や無垢材の破片で作られたフレームの物語を聞いて、ついついこちらもゲット。

 

『友人夫婦が一枚の写真を見せてくれました。その写真にはとても温かい光景が写っていました。

そして友人夫婦が言いました。この写真のためにフレームを作ってくれないかと。

ある欠片はもう既にリサイクルされた木質材であり、また、ある欠片は無垢材の切れ端です。

それらがゴミ箱に無造作に重なり合うのをふと目にした時豊かな表情を垣間見ました

そして、そのひとつひとつの材木には木種があり、色があり、そして様々な特性を持っています。

それはまるで人に人種があり肌の色の違いがあり個性豊かな意志があるかのようです。

この素材のように人々も人種や国境を越え手を取り助けあう事により、バランスを作り平和を生み出してほしい。

そんな思いを常に感じて頂けたらと思います。』

piece×peace FRAMEのデザイナーさんの言葉です。  という紹介をperhapsgalleryさんのHPで発見したのでここで紹介。

 

僕たちもまた個性豊かな意志の集まりのTEAM。

そんなことを想いつつ、この素敵な絵と額を飾るという我が家のスペシャルイベントは無事終了しました。

きよた

 

 

 

朝採り

2012-11-15

今朝、持永さんの農場で野菜を収穫し、パンゲア、トレス、デイズキッチン各お店にお野菜を届けました。

最近持永さんとこでは人手が足りず、野菜は元気に育っているものの、収穫・調整・出荷の作業まで手がまわっていないそうで。

いつもは市内のスーパー5件位に無農薬で育った美味しいお野菜を届けていらっしゃいますが、今は近所の1件でやっと。

普段は配達をお願いしている私たちも、自ら畑に行って収穫し持っていくことでお手伝いすることに。

今朝、畑で作業しながら2年前のことを思い出しました。

ちょうど2年前の今頃。初めて持永さんとお会いし、ハウスの中で農業のことや食べ物、環境のことなど色々なお話を聞いて、

その後私たちは、持永さんのお野菜を仕入れさせていただくことになり、私も1月~4月位までは畑作業を手伝っていました。

その頃からですかね、何か農業に対する熱い思いみたいなものが生まれてきました。

サスティナブル。

常に頭のどっかにあることば。環境にやさしい農業も、お店も、いろんなものがうまーく回って続いていかないとね。

「朝採り」というタイトルからだいぶズレてきました(苦笑)

持永さんのお野菜は美味しいよー^^

きよた