NEWS

monthly report イマココ

2016-2-18

サードプレイスのある取り組み

 

会社で3年前に始めたその取り組みとは 、「イマココ」と名付けられたミニレポートを毎月書くことです 。

スタッフはハガキサイズの紙に「 見たこと・聞いたこ・感じたこと 」や自分自身についての近況報告を

手書きで書きます。家族のことだったり、 出かけた先での発見 、気になる話題や最近の健康状態など 、

内容や枚数は自由で、各お店でファイリングし全員が読めるようしています。

毎月自身の「イマココ」を書くこと、そして他のスタッフの「イマココ」を読むことは、

私とスタッフ、そしてスタッフ間の理解を深めるコミュニケーションツールになると同時に、

自分自身を振り返る時間をつくることに一役買っ ています。自身のことについて定期的に振り返り、

それを文章にして自分の外に出すことは、とても大切なことだと思います。

ですが考えるのは大変ですし、やらなかったとしてもすぐ困ることにならないので、

忙しい毎日の中ではついつい追いやられがちです。「今月こそは早めに取りかかろう!」と意 気込んでいても、

やっぱり毎月締切り前には慌てている、私やスタッフ達(笑)。

 

私の密かな楽しみ

 

SNS などの手軽なコミュニケーションツー ルも多々ありますが、

紙や手書きといったアナログツールを使うことも、豊かな時間を生むための一つの手段だと思います。

スタッフからの提案で始まったこの取り組みも、今や立派な社内文化のようになりました。

「イマココ」を読ませてもらうのは私の密かな楽しみでもあります。

ハガキサイズの紙は分厚い本にできるくらい貯まり、今では私の大切な宝物となっています。

「イマ」という瞬間 、「ココ」という場所。それを大事にしたいという思いがあり、

「イマココ」はとても好きなフレーズです。

ちょっと大げさで すが、人 生は「イマ」の積み重ねであることに変わりありませんから。

 

きよた