Blog

シェフ自慢。

2016-7-27

セミの声が賑やかになってきましたね。

嫌いではないですが、もう少し遠慮していただけるといいなぁと思ったりもします。

目の前の広場は木に囲まれているので、外は「セミの声がふりそそぐ」というフレーズがぴったりです。

 

今回は、パンゲアのごはんを作ってくれているシェフのことを少しお話したいと思います。

紹介というか…タイトルにもある通り「自慢」です。笑

 

パンゲアのシェフのきみかさん、前回のブログをアップしてくれました。

読んでいただけるとわかると思いますが、仕事に対してとてもまじめで、一生懸命なひとです。

そして彼女の作るごはんは、素材の味がしっかりしていて、やさしい味がします。

 

黙々と仕込み中。

 

 おいしいランチをじゅうじゅう。

 栄養士さんなので、食べ物の栄養価のことや食べ合わせなどいろんなことを教えてくれます。

「どうしたらお客さんが喜んでくれるかぁ」

「このお魚はどんなふうに調理したら美味しいかなぁ」

と、常に考えてくれています。

 

トレス、デイズキッチンのシェフたちと月一回のミーティング。

「こんなおかず作ったよ」

「これはどうやって作ったの?」

など、いろんな情報交換をしたりアイデアを出し合ったり。

 

 

日替わりのランチやおかずを考えるのはとっても大変。

それでもひとつひとつをできるだけ丁寧に、丁寧にと考えて作ってくれるのです。

たまに頑張りすぎてしまうこともあるので、人にばかりでなく自分にももっとやさしくなってほしいなぁ。。

なんて、勝手に思ったりしています。

時々キッチンから出てくることもあるので、機会があればお話してみてください。

彼女のやさしい人柄がわかるかと思います^^

 

まいこ

 

その後の話…。と意識していること。

2016-7-13

先日のブログでもupしていたパセリの゛その後゛のお話。

 

じゃが芋、玉ねぎをベースにしたポタージュに入れてグリーンポタージュに。

フリッターの衣に混ぜてグリーンフリッターに。。

そしてベシャメルソースに混ぜてグリーングラタンにと、いろんなところで大活躍してくれました。

 

グリーンフリッター

 

グリーングラタン

 

どれも色鮮やかに仕上がり、パセリの風味も生きていてお皿に映える品となりました。

1回で使用する量はそんなに多くはないので、まだまだ楽しめそうな感じです。

ランチ等でグリーン〇〇、パセリ〇〇と黒板のメニューに書いてあるときは、

もしかして例の富士町産パセリかな~?

と思いうかべていただけると嬉しいです。

 

 

―さて、先日7月7日は七夕でしたね。

パンゲアでは七夕を意識したランチを提供させていただきました。

  (残念ながら、ついうっかり写真を撮りそこねてしまいました。。。ちーん。)

 

お気づきの方も、そうでない方もいらっしゃると思いますが、実は行事というものをそこそこ意識しているシェフであります。

栄養士として病院や施設で働いていたので、ほとんど毎月行事食の日というものがあり、旬や行事をとても大事にしていました。

初物を食べると寿命が75日延びるといいますし。

 

にんじんグラッセにパセリを刺して、ミニにんじんもつくりました。

 

そんな行事を意識してランチをお出ししたときは、お客様が喜んでくださるお顔を見ると、いつも以上にるん♪っとなります。

 

なんとなく月に1回は行事の日を意識して、いつも以上に手間と愛情を込めてランチをご用意しております。

今日は〇〇の日だからもしかして…

とパンゲアに足を運ぶきっかけになれば幸いです。

 

食べることはとっても大事なことです。

おなかも心も満たされる食事を。

と想いながら、今日もごはんをつくります。

 

 

きみか

雪花氷、はじめました。

2016-7-7

梅雨明けも間近でしょうか?

すっかり暑くなりましたね。

 

7月から、毎年楽しみにされているお客さまも多い

夏限定スイーツをはじめました。

 

「雪花氷」

シェーファーピン、と読みます。

台湾のかき氷で、ふつうの氷ではなくミルク氷を薄く削って作ります。

口に入れるとふんわり、すーっと溶けていきます。

3種類のお味をご用意しました。

 

しろくま風  680円

鹿児島発祥のかき氷を雪花氷で。

フローズンフルーツをのせて、練乳をとろり。

 

嬉野抹茶  600円

ほろ苦嬉野抹茶ときび砂糖でシロップをつくりました。

白玉団子とゆであずき添え。

 

オレンジソースとグラノーラ  650円

まる工房さんのオレンジソースをかけてさっぱりと。

グラノーラのざくざく食感も楽しんでください。

 

9月末くらいまでお出しできる予定ですが、氷の在庫次第で早く終わってしまう場合もございます。

夏だけのスイーツ、ぜひぜひお召し上がりくださいませ♪

 

まいこ

待つ、という楽しみ。

2016-7-1

大人になって、時間をかけて作るものが好きになりました。

たとえばくつくつとお鍋で作るジャムだったり

お砂糖と一緒に瓶詰めにしてつくるシロップ。

 

待っている間の変化を楽しんだり、

そうしてできあがったものがとてもいとおしく感じるようになりました。

 

去年くらいから、思い立って時々自宅でパンを作っています。

本当になんの知識もなく突然「パンがこねたい!」という衝動に駆られて作り始めました。

なのでホームベーカリーではなく手ごね。

それが冬の最中だったので、一次発酵(パンを膨らませるためにイースト菌に温かいところで頑張ってもらう時間)に時間がかかっていました。

電子レンジの機能でもできるのですが、ストーブの前で生地の入ったボウルを抱きかかえて発酵するのをじっと待っているのもひとつの楽しみ。

 

そしてやっと暖かい季節になり、パン作りに最適の時季が!

室温に置いていても一時間ほどでふっくらと膨らむ生地はとっても可愛いのです。

 

 

甘いパンが好きなのでもっぱら焼くのは丸いミルクパン。

食パンも焼きたいなぁと思っていますが、いろいろレシピを模索中です。

 

そして現在レーズン酵母を起こし中。

雑菌が入らないように気を付けて、温かいところに1週間ほど置いておくと完成です。

が、雨による気温の低下で2週間目に突入してしまいました。。

まだまだレーズンの良い香りがしているので元気に酵母菌が頑張ってくれていると信じて

毎日様子をみながら成長?を観察して楽しんでいます。

これで天然酵母のパンを焼くことが今の密かな目標です。

 

 

まいこ

 

 

cafe pangaea

open
火〜土 10:00~19:00
日・祝 10:00~17:00
close
月・図書館休館日
tel
0952.60.3436
add
佐賀市天神3-2-15 佐賀市立図書館1F
Google Mapで見る
P
図書館駐車場

map