Blog

佐賀の会社で工場見学!

2017-12-25

12月14日に、トレスとパンゲアのシェフ2人と佐賀市内にある、2つの会社へ研修に行きました。

 

1つ目の会社は嘉瀬町にある”佐賀ビネガー″さんへ。

 

創業がなんと1832年の江戸末期!

発酵90日、熟成90日という昔ながらの製法で職人さんの手間暇をかけた

静置発酵法を守り続けていらっしゃいます。

 

地元の野菜を原料に、穀物酢・野菜酢・果実酢と種類が豊富でした!

 

試飲させて頂きました。

原料の甘みと、深くまろやかな酸味を味わえました。

 

 

2つ目の会社は高木瀬町にある”丸秀醤油”へ。

(こちらは写真を撮り忘れてしましました。ごめんなさい!)

 

明治34年より天然醸造にこだわってこられた蔵元です。

現代の時代では珍しく、佐賀・九州で唯一、天然醸造・2年熟成をすべて自分たちの手で作られています。

 

醤油づくりは、酵母に頼るのではなく蔵の天井や壁、空気中に住み着いた微生物!

職人さんは微生物が育ちやすい環境を整え、発酵の手助けをされています。

それにより、りんご・バラ・コーヒー等の香り成分が300種類以上もうみだされるんだとか。

 

ここでも味見をさせていただきました。

大豆のうま味とやさしい塩味、ほのかな甘味があり、料理を際立たせてくれそうな調味料でした。

 

 

 

最近は調味料に限らず、短時間・大量生産・たくさんの添加物が主流となっていますが、

佐賀で素材を活かし、こだわりを持ち作られている会社がこれからも続いてくためにも、

みなさんに知って頂けるようお店に取り入れたり、私たちにできる事を見つけていけたらと思っています。

 

 

早速佐賀ビネガーさんの生塩麹を使って塩麴を作り出しました!

どんな塩麴ができ、どんなメニューにしようか…楽しみです☆

 

はるか

 

ピンクのチーズケーキ

2017-12-6

いつもおいしいお野菜を届けてくれる、スローワーク大和さん。

あまりお店とかでは見かけない、珍しい品種のお野菜も育てられています。

 

最近気になったのが、紫さつまいも。

紫って。。あまり見かけないなあ。どんなお芋なんだろう。

と思ってワクワクドキドキしながら頼んでみると…

 

 

 

すごい紫!を超えて赤紫!

 

今回は人気のベイクドチーズケーキに混ぜ込んでみましたよ。

富士町の木下さんのさつまいもも一緒に入れて、佐賀産だらけのケーキに。

 

 

 

見た目はベリーが入っていそうなくらいのピンク色。

けれどお口に入れるとふんわりとさつまいもの甘みがする、ちょっと不思議な

チーズケーキになりました ♪ かわいい仕上がりに大満足です。

 

 

 

 

そしてお知らせです。

 

現在、佐賀市水ケ江にあるDesign office and shop 1.5でakkaの個展が開催中です。

 

日頃は姉妹店のパンゲアで働かれていて、

私たちがお店で使っているロゴやメニューにショップカードなどなど

ほとんどのものをデザインしてくれているakkaさん。

 

今回は絵だけでなく、お菓子とレシピも販売されてるというなんとも嬉しい内容。

彼女のお菓子は大胆なようで繊細で、もれなくもう一口食べたくなる、そんな味です。

大人買いすること間違いなし!(笑)

 

お部屋がきっと可愛くなるであろう、素敵な来年のカレンダーも販売していましたよ~。

 

12月10日(日)までの開催です。

県立図書館からも近いので、ぜひとも遊びに行かれてみてくださいね。

 

 

さみ