NEWS

スタッフ募集のお知らせ

2017-6-7

スタッフ募集のお知らせ

募集職種 ホール・接客スタッフ

勤務地  カフェ トレス(県立博物館1F)

給与   時給750円〜

仕事内容 ホール接客・レジ

勤務時間 火曜-日曜 10:00〜18:00の5、6時間程度 
     (週に5日ほど勤務できる方)
     *勤務開始は6月上旬になります

その他  労災保険付き 雇用保険付き、食事付、交通費支給

・人や物事との新しい出会いを楽しめ、一緒に働く仲間と柔軟にコミュニケーションがとれるかた
・仕事を通じて自分自身も成長し、社会にも貢献したいと考えるかた
・農業や食に興味関心のあるかた

お気軽にお問い合わせください
 
0952-37-8402 担当:かどや

年末年始のお休みのお知らせ

2016-12-20

下記の期間、年末年始のお休みを頂きます。

大変ご迷惑おかけいたします。よろしくお願いいたします。

 

カフェパンゲア(佐賀市立図書館1F) 12/29(木)~1/4(水)

デイズキッチン(佐賀県図書館1F) 12/28(水)~1/3(火)

カフェトレス(佐賀県立博物館1F) 12/29(木)~1/3(火)

 

 

 

スタッフ募集のお知らせ

2016-12-9

募集職種 ①調理スタッフ

     ②ホール・レジスタッフ

 

勤務地  ①カフェ トレス(県立博物館1F)

     ②カフェ パンゲア(市立図書館1F)

 

給与   ①・② 時給750円~

 

仕事内容 ①ランチメニューの献立立案(主に副菜調理)

     ②ホール接客・レジ

 

勤務時間 ①火曜ー日曜 10:00 – 18:00

     ②土日祝 10:00 – 18:00の間で6時間程度

 

その他  労災保険付き 雇用保険付き、食事付、交通費支給 *②は雇用保険は付きません

 

求める人物像

     ・人や物事との新しい出会いを楽しめ、一緒に働く仲間と柔軟にコミュニケーションがとれるかた

     ・仕事を通じて自分自身も成長し、社会にも貢献したいと考えるかた

 

お気軽にお問い合わせください ① 0952-37-8402 担当:みやち

               ② 0952-60-3436 担当:かどや

スローWORK大和さんへ

2016-11-20

各店舗で使うお野菜を作ってくれている、スローWORK大和さんのもとへ畑の見学にお邪魔してきました。

パンゲアからは私とシェフアシスタントのともこさん、トレスからはシェフのあいこさん。

全員初めての訪問で、道に迷いながら到着。

 

着いたとたんに雨が降り始めてしまい、施設長の松本さんがずぶぬれになりながら畑を案内してくださいました。

 

いろんなお野菜がたくさん育っている畑。

 

スローWORKさんは就労支援施設としての認可を受け、現在20名ほどの利用者さんと9名の職員さんで、

無農薬で安心安全な野菜作りをされており、手作業での虫取りや草むしりなど細やかな手入れでお野菜を育てられています。

 

夕方にお邪魔したので作業をされているところは拝見できませんでしたが、いろんな種類の野菜が育っている畑を存分に見せていただきました。

 

赤大根。

収穫はもうちょっと先。

 

三太郎大根。

葉っぱも元気です。

 

親芋乾燥中。

大きさがわかりにくいですが、大きいものではバレーボールくらいのものも。

 

雨が強くなってきたので写真はあまり撮れませんでしたが、ほかにもハーブやトウガラシ、

別の場所にある畑ではさつまいもやじゃがいもも育てられています。

 

今年は異常気象のせいもあり、虫食いや根腐れで葉っぱものはほとんどダメになってしまったそうです。。

蒔き直しをされていて、伺ったときはまだ可愛らしいサイズでした。

 

 

種を蒔いて水をやり、虫取りに草むしり、収穫をしてきれいに洗い、丁寧に袋に詰めてラベルを貼ります。

そうしてそうして、ようやく私たちのもとに届きます。

現場を訪れ自分の目でみて、話を聞いて改めて、このお野菜たちと出会えたことはすごいことなんだなぁと思いました。

 

スローWORKさんのお野菜は、各店の野菜売り場に並んでいます。(売り切れの場合もございます。)

もし見かけられたときにはその野菜がここに届くまでを少し思い出していただけると嬉しいです^^

 

まいこ

 

 

10周年プレゼントのお知らせ

2016-10-12

 

私たちのカフェ1号店、パンゲアは2016年10月で10周年を迎えることができました。

図書館という場所柄、小さなお子様からおじいちゃんおばあちゃんまで本当に多くのお客様とご縁をいただいた10年間。

お客様、そして日頃よりお世話になっている農家さんに感謝の気持ちでいっぱいです。

本当にありがとうございます。

 

そこで、ささやかではありますが日頃の感謝の気持を込め、

下記の期間中、姉妹店含む3店舗でご飲食をされたお客様にプレゼントをご用意しております。

 

デイズキッチン 10/13(木)  -  10/15(土)

カフェパンゲア 10/14(金) -  10/16(日)

カフェトレス  10/14(金) -  10/16(日)

 

プレゼントは次の4つからお選びいただけます。

*タナカフェさんのオーガニックコーヒードリップパック

*オレンジさんのマルセイユ石鹸

*種まきの会さんの無農薬古代米

*西浦さんのお米でつくったぽん菓子

(数に限りがございます。予めご了承ください。)

スタッフ研修 〜 嬉野 後編 〜

2016-10-7

スタッフ研修で行った嬉野の松尾俊一さんの茶畑。

あっという間にお昼になりお腹もぺこぺこ。

というわけで松尾さんもメンバーに加わり、車で10分ほどの『日和の森畑カフェ』へ Let’s go!!

ここは、「耕房野の風」さんの体験型農場&カフェ。農作業体験や野菜・雑穀米の販売、ピザ作り体験もできます。

今回はピザ生地を伸ばしてお好みで具をトッピングするところからスタート。

お店のキッチンとは一味違った、アウトドアクッキングに励むシェフたち

野の風さんの畑で採れた野菜をお好みでトッピング。

私も松尾さんと一緒に、慣れない手つきでピザ生地のばし。

 

野の風さん自ら育てた小麦で作った生地に、育てた野菜、そしてなんとピザ釜まで手作り!!

食料でけでなく、熱源まで自給というこだわりの畑カフェ。

暮らしと仕事が密接につながっている。そんなことを肌で感じることができる空間は、

ぜひお子さまも一緒にご家族で遊びに行っていただきたい場所の一つです。

 

焼きたてのピザは緑に囲まれた外でいただきました。周りには蕎麦の花、新生姜、里芋、水辺にはクレソンも。

今回ドリンクは3択で、

其のいち、ピザ釜で焙煎したコーヒー

其のに、自家製イチゴジャムのサワー

其のさん、自家製ジンジャーエール

どれも飲みたくなるものばかり・・・笑

 

あっという間に一日が終わり、最後はみんなで記念撮影!

野の風さんの雑穀米は私たちのお店でも販売していますので、ぜひ一度ご覧になってみてください。

 

茶農家の松尾さん、

野菜・雑穀米農家の野の風さん。

どちらも一般的な農家さんとは一線を画しています。

栽培方法が違うというよりは、それに至るまでの考え方や生き方が違うように感じます。

いろんなことを、自然か不自然かで判断するようなところはとても似ていらっしゃいます。

 

 畑を訪ね、いろんな話しを聞いたことで、私もスタッフもモチベーションがUP!!

たくさんのエネルギーをいただいた、楽しい一日でした。

耕房 野の風 HP → http://koubounonokaze.com

 

さて、次の研修はどこへ行こう・・・??

きよた

 

スタッフ研修 〜 嬉野 前編〜

2016-9-26

私たちのお店で使う紅茶やほうじ茶を育てている『茶農家 松尾俊一』さん。

その松尾さんが今年の春から、新天地で茶作りを始められたということで、スタッフ皆で見学に行きました。

 

国道から一本入った道を進み、両脇には趣のある農家の家々と茶畑が広がります。

松尾さんが新たな茶作りに選んだ皿屋谷という土地は、嬉野茶のルーツとも言えるとても興味深い場所でした。

(5年間近く放棄され、数メートルも伸びていた在来種の茶畑を手入れして新たなお茶作りが始まる)

 

土地の長い歴史。お茶の歴史。高齢化が進んだ今の現状。そして今後の松尾さんの目標?野望?(笑)

茶畑の中で、色々なお話を聞かせていただきました。

 「この土地に合った在来種の茶樹を育てていきたい」という松尾さんの言葉。

そこには、美味しいお茶を製造するには、農薬や肥料を使わず自然の力で育つ茶葉が必要という松尾さんの思いがあります。

(雑草を食べてくれるビジネスパートナーのヤギ。と、そのヤギを懸命に小屋に連れ戻そうとするスタッフ)

 

約半日過ごして改めて感じたこと。それは、松尾さんはお茶が好きで好きで、ほんとーに好きでたまらないんだなぁということ。

ご自宅でいただいた色々なお茶はもちろん印象に残るものばかり、でもそれ以上に松尾さんのお茶に対する情熱と行動力が印象的でした。

英国の国際食品コンテスト「グレート・テイスト・アワード2013」の緑茶部門で、松尾さんがつくる「やぶきた茶」が二つ星を獲得するなど、日本国内だけでなく、海外からも高い評価を受けている松尾さんのお茶作り。

海外にも積極的に目を向ける松尾さんの今後の活動もとても楽しみです。

ぜひ次回は、自分たちの手で茶摘みからお茶を作るまでを体験しに伺いたいと思います。

 

スタッフ研修 〜嬉野 後編〜 は『耕房野の風』さんの日和の森畑。 こちらは近日更新します。

きよた

 

3rd place market 10/23(sun) 開催

2016-9-19

9月も後半に入り、食欲の秋が直ぐそこまで来ていますね。

先日、私は子ども3人を連れ、三瀬の平川農園さんにブルーベリー狩りに行きました。

いろんな品種のブルーベリーを食べ比べ。甘さ、酸っぱさ、それぞれの美味しさを満喫させていただきました。

近所のりんご農家さんではりんご狩りも絶賛開催中でした。

 

5月に続き、10月もサードプレイスマーケットを開催します。

今回も近くの作り手さんや、こだわりのお店さんがパンゲア(市立図書館1F)に大集合します。

レジャーシート片手にピクニックにも気持ちの良い季節。わいわい楽しい一日マーケットへぜひ遊びにいらしてください。

 

 

ひにち 2016.10.23 

じかん 10:00 – 16:00 

ばしょ カフェパンゲア(店内と屋外読書スペース及びお外)

 

*飲食用のお席(屋外)は数に限りがございます。広場がございますのでレジャーシートご持参ください

*雨天時は中止ですが、開催規模を縮小し店内で行う場合がございます


 

*「茶農家 松尾俊一」さんは今回欠席です

3rd place news

2016-8-16

最近の私には、あるひとつの楽しみがありました。そしてその楽しみにしていたものがついに今日届きました!

それは、私たちが年に数回発行している「サードプレイスニュース」 です。

「サードプレイスニュース」は私たちのカフェや一緒に働くスタッフ、そして生産者さんについて、少しでもお客様にお伝えしたいと思い、自分たちで手作りしているミニ新聞です。

各回ごとに、担当のスタッフが文章を考え、写真を撮り、そして校正を繰り返し、デザイン担当のスタッフがイラストを加え全体を整える作業へと進んでいきます。

今回のvol.4の表紙は、野菜農家の木下健一さんを紹介させていただきました。

限られた紙面ですが、少しでも木下さんの魅力を感じていただけたらと思います。

 

子どもの頃、国語が苦手で読書感想文や作文はクラスの中でも遅かった私…

なので、サードプレイスニュースの原稿〆切前には、いつも頭の中がいろんな言葉でグルグル回っています。(笑)

自分の考えを言葉にする難しさを感じると同時に、「伝える」ことの大切さを仕事を通じて学ばさせてもらっています!

出来上がりまでそれなりに時間もかかるので、年に数回程しか発行出来ませんが、これからも私たちにできる、

私たちなりの『 伝える 』を形にしていきたいと思います。

*「サードプレイスニュース」は各店の店頭にてご自由にお持ち帰りいただけます。

 

きよた

 

 

トマトの美味しさに思わずこぼれた笑み!

2016-7-29

梅雨も明け、毎日良い天気が続いていますね。今年は佐賀も厳しい暑さとなりそうです。

夏本番を迎えた富士町の農家木下さんは、夏野菜の管理や収穫、そして田んぼの草刈で大忙しの毎日です。

その大変さを少しでも体験しようと、先日デイズキッチンの調理スタッフ2人と一緒に、

木下さんの畑を訪れ、農作業のお手伝いをさせていただきました。

 

水菜を集荷後に、計量と袋詰めの作業

種まき前に畝を作る作業

種まき作業はスクワットの連続!バスケで鍛えた足腰にも中々のハードワーク!

もぎたてのトマトの美味しさに思わず笑みがこぼれるフタッフ

最後は木下さん家族と一緒に

 

これまで配達の際に少し会話を交わすくらいで、じっくり木下さんとお話しする機会のなかったスタッフ。

木下さん、そしてご家族と一緒に1日を過ごさせてもらうことで、自然豊かな環境で育った野菜を使わせてもらっていること、

農業の大変さ、木下さんやご家族の人柄や暮らしなど、どれもほんの一部かもしれませんが垣間見えた1日だったと思います。

暑さの中たくさんの汗をかき、とても貴重で充実した1日を過ごさせていただきました。

きよた