Blog

Happy Valentine’s

2017-2-10

もうすぐ2月14日バレンタイン。好きな人がいてもいなくても、チョコレートのお菓子が街中にあふれるこの季節

とてもわくわくします。

トレスでも、焼き菓子をすこしだけ、バレンタインのラッピングにしてご用意しています。

チョコとアーモンドのビスコッティやカレンズとチョコチップのココアスコーンなどなど、

チョコのあまぁいお菓子でHappy Vakentine’s!!

 

 

 

あすか

葉物野菜が元気な季節です。

2017-1-27

 

寒い時期に大地に大きく葉を広げる中国野菜のタアサイ。

1月から2月頃に甘みが増す、白菜やチンゲン菜と同じアブラナ科の野菜だそうです。

今回スローworkさんから届けてもらうまで、こんな形をしているなんて知りませんでした。

 

 

大きい!

青々とした力強い緑の葉は肉厚でしっかりしていますがクセがなく、炒めものにもお浸しなどにも使いやすいとのこと。

今回トレスでは中華風に味を付けた副菜になりました。

 

 

玉ねぎと人参、えのきを炒め甘みと香りを引き出した後、鶏ガラスープを加えコトコトひと煮立ち。

更に小さく切ったエビを入れてより味に深みを出しました。

美味しい出汁の出たスープに厚揚げをプラス。たっぷり味を吸わせたら、少し重めにとろみをつけました。

そして最後にタアサイの出番です。

今回このタアサイの鮮やかな緑を楽しんでいただきたくて、一緒に煮込まずに別茹でをしておきました。

ぎゅっと絞って加えたらとろみの付いたスープでツヤツヤ!ごま油で風味を足して仕上げです。

食べてみると本当にクセがなくとても食べやすいお野菜でした。

お吸い物や胡麻和えなどシンプルな和食にも活躍しそうです。

冬の楽しみなお野菜のひとつになりました。

 

アイコ

 

 

 

 

 

 

夜カフェOPEN! 1月27日(金)

2017-1-20

1月20日よりお隣の佐賀県立美術館で池田学展「The Pen」が始まります。

池田学さんはわずか1㎜に満たないペンの線から壮大な世界を描き出すアーティストさんです。

1日ににぎりこぶしほどの面積しか書き進めることができないという画面は、緻密さと空間の広がりを併せもっていて圧巻です。

ぜひ、みなさまに観に来てもらいたい展示です。

そして池田学さんの展示期間中月に一度ナイトミュージアムで20時まで美術館が開館します。

それに伴い、ナイトミュージアムの日は、トレスも夜カフェでお店を少し長く開けています!

 

 

 パニーニセット ¥780

野菜カレー ¥700

 

その他カフェメニューもご用意しています。

 

展示を観に来られたついでに、夜ゆっくりコーヒーを飲みに。ぜひいらしてください。お待ちしております。

------------------------------------

夜カフェ

1月27日金曜日

閉店20:00(オーダーストップ19:00)

cafeTRES

佐賀県立博物館内1F

------------------------------------

2016年もありがとうございました。

2016-12-28

2016年も残りわずかとなりました。

あっという間でした。

みなさまのおかげで無事に1年お店を開くことができました。

ほんとうにありがとうございます。

来年も変わらずお待ちしております。

尚、年末年始のお休みはこちらです

 

カフェトレス一同

 

冬だけ、あったかスイーツ

2016-12-14

冬の寒さは得意ではないけれど、あったかいコーヒーの美味しさがぐっと増すので冬がくるのも悪くないなぁと思います。

あったかいコーヒーのおともにあったかい甘いものがあればもう私はとても幸せです。

 

トレスでは冬の間だけ、あたたかいスイーツをご用意いたしました。

フレンチトースト ¥500

佐賀市北川副にある「なないろぱんやさん」の食パンを三瀬村「旅をする木・小野寺さん」の卵ときび砂糖の卵液にひたして

焼きあげます。甘い卵液がしみ込んだ、ふわふわのフレンチトーストです。

 

 

 

米粉のパンケーキ ¥550

佐賀県大和町の「西浦さん」の米粉と三瀬村「旅をする木・小野寺さん」の卵を使ったパンケーキです。

ふわふわに焼き上げて、バターとはちみつで。

 

どちらもご注文いただいてからお作りします。

できたてほかほかを食べに来ていただけたら嬉しいです。

 

あすか

 

年末年始の営業については下記よりご確認いただけます。

http://www.3rd-place-co.net/company/

 

アートが生活に近づくブランド「STOCKs」

2016-12-9

「アート」って気になるけれど、少し難しそうで、なんだか自分からは距離がちょっと遠いようなもの。

そんな一面があるよなぁ…と

でも、アートの方から私たちに近づいて来てくれる、楽しくて嬉しくなるアートがトレスにやってきましたー!

アーティストさんたちが作った「てぬぐい」と「ふろしき」です。

何を作るか、何を描くか、全てアーティストさんにお任せして作られたそうです。

STOCKsのアーティストさんたちは個人的に大好きな方たちばかり。

私はムツロマサコさんの風呂敷を腰のところでひもで巻いてエプロンにしてさっそくお店で使っています。(上写真)

大好きなムツロさんのイラストを身に着けることができる幸せ。

朝出勤して、エプロンを付けながらそれだけで嬉しくなって、その日一日がとっても嬉しい気持ちではじめられます。

もはや私のなかでは「魔法のふろしき」です笑

 

 全部のアイテムがすてきすぎて、欲望がとまりません笑

アートが生活に近づくブランド「STOCKs」入荷しました。

ぜひアートを生活に。

 

あすか

STOCKs

 

 

三瀬りんごと嬉野紅茶のスコーン

2016-12-4

朝と夜は寒くなってきましたねぇ。パンゲアシェフのきみちゃん同様、寒いのが苦手なので、

生きた心地がしない(きみちゃんの声)とまではいいませんが布団から出るのがつらいあすかです。

寒さは苦手ですが、同時に私の大好きなりんごの季節。ということで

三瀬にあるマルヤスりんご園さんが

実って自然に落ちて少し傷が入ってしまったり、

収穫時期を終えて小さい実をとらないといけなかったりで、

品質としては問題ないけれど一般のお店には並ばないりんごたちを活用して作られている

「加熱して長期保存可能なりんご」を使ってスコーンを焼きました。

りんごはきび砂糖とシナモンと一緒にソテーして、生地には嬉野紅茶も混ぜ込みました。

りんごの甘みと嬉野紅茶の香りがよいスコーンができました。

 

りんごのマルヤスさんや紅茶の松尾さん、だれがどんな風に作っているかを知っていて、

それでその人たちの事が好きで、そんな食材を使ってお菓子が焼けるのって

ほんとうに贅沢でしあわせだなぁ…と思います。

 

ちょこちょこトレスの焼き菓子コーナーでお出しできたらと思っています。

 

あすか

 

ありがとうございます。

2016-11-26

トレスは佐賀県立博物館1階の東側にあります。

 

今は11月も末で肌寒く、トレスの周りの公園の木々は紅葉してとてもきれいです。

きれいなのですが、落ち葉の量が尋常ではありません。

ですが、地面はいつもきれいです。

なぜかというと、博物館美術館や公園の管理や掃除をしてくれている人たちがいてくれるからです。

1番右の木は紅葉してとってもきれい。ですが、最近はたまに見るとき

ひらひら今まさに落ち葉がちっている瞬間をよく見かけます。

だけど、地面は落ち葉ひとつありません。

建物がかっこよくて大好きな博物館。古いけれど、毎日朝早くから

きれいに掃除されているのでとてもきれいです。

館内のトイレの洗面台。この時代にはなかなか珍しい手動の蛇口。

ここもいつもピカピカ。新しいかっこいいデザイン、とかではありませんが

古いものを大事に使い続けていてこの洗面台も個人的には大好きです。

 

大きな建物や施設にはお掃除をしてくれる方たちがいらっしゃいますが、

博物館美術館のお掃除をしてくれる方たちは、私の勝手な見方ですが

とっても仕事を一生懸命されていてい、なんだかキラキラしていて

とてもかっこいいです。

大きな施設、お掃除はきっと大変だろうと思います。

そこを何気なくさんぽしたり、利用したりしていますが、

それはお掃除してくれる人たちがいてこそ、気持ちよく利用できるのだなぁ、、、と

頭がさがると同時にとても尊敬します。

 

私たちも微力ながら、博物館美術館に来て下さった方に楽しかったなぁと思ってもらえることが

できるようにがんばりたいなぁと思います。

 

いつもお掃除ありがとうございます。

 

あすか

新作の甘酒ババロア

2016-11-19

街の街路樹が黄色や赤に色づきだし、冬がいよいよすぐそこまでやってきましたね。

最近のトレスでは甘酒を使ったデザートを試作していました。

初詣の時にふるまわれる甘酒を思い出す方も多いかと思います。

甘酒は飲む点滴ともいわれるくらい栄養価の高い日本古来の飲み物です。

数年前からその効能に再注目され、今ではスーパーやドラッグストアなどにもたくさんの品ぞろえが並ぶほどになりました。

しかしながら私は正直なところ、そのまま飲む甘酒はつぶつぶののどごしと強い甘みが苦手なので、

グリーンスムージーなどで割って飲むことくらいしかできません。

でも体に良いと聞けば、なんとかおいしく摂取できないものかと考えた時に思いついたのが今回のババロアです。

もともとヨーグルトのババロアのレシピはあったので、それをベースにアレンジしてみました。

全体の6割以上が甘酒です。

お砂糖の代わりに甘酒の甘さを置き換えて、ほんのりと優しい甘さとお米の粒々の食感がなかなか楽しい一品ができました!

それにまる工房さんの佐賀県産温州みかんのオレンジソースを合わせるとなんともさわやかで食後にも

ぴったりです。

なんとなくビジュアルが目玉焼きな所もかわいいやつです。

本日のデザートとして黒板に登場しますので、チェックしてみてくださいね。

 

そして今年はインフルエンザがすでに流行りだしているそうです。

バックにのど飴とマスク、それに加湿器にティーツリー(殺菌作用のあるアロマです)を入れて体調管理に

気合を入れています。。。

今からの季節、皆さまもお気を付けくださいね。

 

ゆかり

 

 

 

お野菜販売しています。

2016-11-13

トレスのごはんにはたくさん佐賀の野菜を使っています。

週に2回ほどのペースで採れたての野菜を生産者の方が直接届けにきてくれます。

その野菜は店頭で販売もしています。

とっても美味しいので、お家でのごはんにもとてもとてもおすすめです。

 

お野菜は富士町の木下さんと、大和町のスローワークさんが届けてくれています。

 

富士町木下さん 配達日 火・金

「自然豊かな山の中で美味しい野菜は土が大事。」と土づくりにちからを入れられています。

木下さんはとっても明るくて元気ハツラツ!で、笑顔がまぶしいとても素敵な方です。

お野菜もそんな木下さんのパワーが満載です!笑

木下さんのお野菜で今おすすめなのが「菊芋」ジャガイモとごぼうの間のような味で

生でサラダだとシャキシャキ。炒めたり、湯がいたりするとホクホクで、私はこの時期いつも

買って帰っています。

 

大和町スローワークさん 配達日 火・木

無農薬栽培。虫取りは人の手やハーブで作った虫よけ等でされています。

肥料には米ぬかや牛ふんを使用。スローさんのお野菜は味がぎゅっとつまっています。

めずらしい野菜も多く栽培されていて、

今はパクチーがあります。その他にも時期によってはビーツやフェンネルなどなど。

私は、今年初めてスローさんのビーツでスープを作りました。

 

お店でも、家でも、作っている人がわかるお野菜を使えるのは

とても嬉しいことだなぁと思いながら料理をしています。

 

あすか

cafe TRES

open
火-日 9:30-18:00
close
月・博物館 美術館 休館日
tel
0952.37.8402
add
佐賀市城内1-15-23 佐賀県立博物館1F
Google Mapで見る
P
博物館 美術館 駐車場

map